がん保険を選ぶ上で私っておきたい3つのポイント

がん保険に加入する際にはどのような点を理解しておくべきなのでしょうか。がん保険を選ぶ上で必要な3つのポイントを記したいと思います。まず最初のポイントは診断給付金についてです。診断給付金とはがんと診断された際に給付してもらえる保険金のことです。

がん治療は非常にお金がかかります。なぜなら、長い期間にわたって治療を受ける可能性があるからです。それで、診断給付金は非常に重要となってきます。さて、その際に注意したいのは何度でも診断給付金を受け取ることができるかどうかということです。保険内容によっては1度だけという場合もあります。

次におさえておきたいポイントは通院給付金です。通院給付金はがんのために病院に通院した際にもらうことができる保険金です。今までのがん治療というのは入院が多かったのですが、今では入院日数が短くなり、むしろ通院するほうが増えています。

ですので、通院給付金はしっかりとしたものにしたいところです。さて、その際に注意したいのが通院給付金の限度です。保険によっては限度を厳しく設けているところがあります。最後にとりあげたいポイントは上皮内がんでも保障してくれるかということです。上皮内がんとは早期のがんのことです。がん保険ではこの種のがんが保障されるかどうかをしっかりと確認しましょう。